断捨離するなら粗大ゴミよりも不用品業者がおすすめ

コストがかかるのはどちら?

家の中に大量の不用品の処分に困っている人は、真っ先にゴミとして処分することを考えていますが、無料で破棄できる普通ごみで済ませられるのでしたらコストがかからないです。
しかし、規定外の大きさになると粗大ゴミ扱いになってしまいます。
粗大ゴミのコストは各自治体によって異なりますが、200円から1000円ほどかかります。
粗大ごみを捨てることで、お財布からお金が出ていくことを考えると他の処分方法を検討してほしいです。
ゴミを捨てるのに、なぜお金をかけないといけないのか?そのことを考えると自然と不用品買取業者がベターだと判断できます。

コストをかけないで処分できます

コストがかかる粗大ゴミよりもおすすめなのが、不用品を引き取ってくれるリサイクルショップなどの事業者です。
まだ現役として利用価値があるものに対しては買い取ってくれるので、コストをかけずに大型不用品を処分できます。
また壊れている家電や家具に関しても、部品やリサイクルなどをして、再び販売できるので、ほぼ二束三文または無料での引き取りになりますが、捨てる側からすると引き取ってくれるだけでも大助かりです。
ネットオークションも断捨離の1つですが、こちらは不用業者と異なり一度で処分できないのがデメリットです。
一度に処分できる不用品業者だと家も気持ちもスッキリできます。

出張買取をフル活用してみよう

大型ごみを持って指定ごみ収集所へ向かうのは時間と労力と気力が必要になります。
この作業が億劫になり、大型ごみを出すタイミングを失って、家中がゴミだらけになることがあります。
電話一本で駆けつけてくれる不用品業者の出張サービスは、自宅にいながら不要な大型家電や家具などを引き取ってくれますし、同時に着用しなくなった衣類や子供のおもちゃなども同時に引き取ってくれるので、出張買取のおかげで家の中を負担なく片付けることができます。
コストと労力と気力を掛けずに不用品を処分できる出張サービスをフル活用してほしいです。
また、家の片づけだけではなく、個人宅またはオフィスの引っ越しなどでも活用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です