kaitoriimg

不用の楽器機材は粗大ゴミとして処分する前にリサイクルを考えよう。

楽器機材を処分する時

楽器機材を処分する時は色々なケースがあります。
新しい楽器を購入する時、引っ越しで荷物を整理した時に使わないからと処分、学校を卒業する時にバンドを解散し社会人になるからなど理由は色々です。
バンドを卒業する時には、後輩や知人に譲る方法もあります。
新しい楽器を購入した時には、購入した楽器店が引き取ってくれる場合もあります。
しかし、引っ越しや部屋の整理で出てきた楽器は少し悩むものです。

粗大コミとして処分

一番簡単で時間がかからないのが、自治体で粗大ゴミとして出す方法です。
多くの自治体では楽器機材は粗大ゴミとして収集してくれます。
粗大ゴミ受付収集センターに申し込みます。
あとは、処理費用の金額の粗大ゴミ処理手数料券を購入し、粗大ごみに券を貼り、申し込みの時に知らされた日時と場所に運べば終わりです。
不用品回収業者に依頼するよりも安く済みますので一番経済的な処理方法です。
しかし、今まで使っていた思い出もありますし、まだ使用可能であれば処分することに抵抗を感じます。

買取サービスを利用

そんな時には、店舗型の中古楽器店では、不要になった楽器の買取サービスを行っているところもありますから、利用するとよいでしょう。
また、インターネットで調べると楽器専門の買取業者もあり、無料で出張見積をしてくれる業者もあります。
楽器によっては持ち運びに困難な場合もありますから、このような業者を利用することも良いでしょう。
その他には、インターネットのオークションサイトやスマホユーザー向けのサイトを利用するという方法です。
ここでは、無理と思っていても多くのユーザーが見ているので、全国にはほしいと思う人もいるかもしれません。
買い取ってもらうには綺麗な状態にする事も必要です。
また、オークションサイトを利用する時には写真を掲載します。
その時には、楽器の状態が正直に分かるように傷やとれない汚れも分かるように撮影した写真を使用しましょう。
すぐに、処分をせずにリサイクルをすれば、思わぬ収入になることもあります。

楽器の不用品回収はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です