遺品整理のルール

心と身体の負担を減らす遺品整理のルール

遺品整理をいざ始めてみると

  • 何から手を付けていいのかわからない
  • 故人を思い出してなかなか捨てる決心がつかない

というように整理が捗らないケールは多いものです。
「どうにか家を片付けなければならないのに、なかなか気持ちの整理がつかず、あまりに膨大な作業量に気が滅入るばかりでどうすればいいのかわからない…」
そんな遺品整理を少しでも負担を減らして行うために、気を付けないといけないことはなんでしょうか。

遺品整理の時はまず遺品を3つの分類に分ける

遺品を「必要なもの」「捨てても良いもの」「保留」の3つに分類していきます。

ここで重要なことは判断の基準を明確に設けるということです。
例えば、「使えるか」「使えないか」というように判断基準が明確であったならば、ほとんどの場合悩まずに分別していくことが可能です。

遺品整理が捗らない理由のひとつは「迷う」ことにあります。

遺品整理を行う時はできるだけ悩んだり、迷ったりする時間をなくすようにして下さい。
少しでも迷った場合は「保留」にしておいて、あとからどうするかを考えるようにすればよいのです。

迷うことが多ければ多いほど、当然時間は消費され、同時に体力も失われてしまいます。
遺品整理を行う時ははじめのうちは判断に迷ことがあっても考え込まず、後回しにして、とりあえず3つに分類していくのが賢い遺品整理の方法です。

【PR】マレリークは大阪市を中心に遺品整理を行います!

マレリークでは大阪市を中心に遺品整理を行っています。
遺品整理だけでなく、形見分けや供養までおこなっておりますので、遺品整理に困ったことがあればぜひご相談下さい。
「遺品整理士認定協会」認定企業なので安心して故人様の思い出の品お任せいただけます。
大阪市で遺品整理をお考えの方は今すぐご連絡下さい!

大阪市で遺品整理ならこちらからほっとすたっふにご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です